宅配便の仕分けアルバイトの話

宅配便の仕分けアルバイトの話

閉鎖したブログの記事バックアップを発見

なんとなく書き始めてあっという間に放置したブログが、多分今までに10本近くあります(どれも今は閉鎖してます)。
その内の一つのバックアップが何故か残っているのを見付けました。

ユーザーネーム?が「過去語り部」となっているので、どうやら過去に経験したり見聞きしたちょっと興味深い出来事とかを書くブログだったっぽいです。
バックアップに残っている記事は2件だけ。どちらも過去に経験したアルバイトの話でした。

せっかくだから公開してみます。
書かれたのが2012年なので、そのつもりでお読み下さい。
少しだけ加筆修正あり。


2012年のブログ 某宅配業者でのアルバイト

宅急便の仕分けの深夜バイトを数回したことがある。
日給1万円だったかな。

バイト先はいろいろと評判の悪い某業者の仕分けセンターですけど、まあ無理も無いよなって感じでした。

仕分けセンターには、ベルトコンベアーを流れてくる荷物の住所をチェックして担当地域の荷物を拾い上げる人と、拾い上げられた荷物を更に細かい住所別に分けてカーゴに載せる人がいます。
私がやったのはカーゴに載せる役割なんですが、ベルトコンベアーを流れる段階で既に箱が潰れていることがよくありました。

次々荷物が流れてくるので丁寧にやっていられない部分もあるのでしょうが、荷物が割れ物や植物でも関係なく、結構衝撃を受けるような置き方をしていて、初めてバイトに入ったときはハラハラしました。

2回目からは慣れましたが。

軽い物だと100%放り投げられます。

2012年のブログ 限られたVIP扱いの荷物とは

でも丁寧な扱いを受ける荷物もありました。某マルチ商法の商材です。

会社から会員宅に届けられる荷物だったと思うんですが。
ここの荷物は絶対逆さにしたり派手に揺らしたりせず、大事に扱ってくれと指示されていました。
受け取る会員が凄くうるさいんだそうです。箱の中で洗剤なんかが揺らされたような形跡があると、クレーム付けてくるんだとか。

「そんな形跡本当に分かるのかよ」とか「洗剤がシェイクされたところで品質に何か問題あるのか」とか、いろいろ疑問は湧きましたが、とりあえず従っておきました。
シェイクが嫌なら利用する業者考え直せばいいのになとも思ったけど。

飛脚さんでも丁寧に扱う荷物があったんだという話ですが、そんなふうに対応差別されたら一般客はやってられませんよね。
一般の荷物もまともに扱ってくれ。

もう5〜6年前の話ですね。今は改善されているのかもしれません。
私がバイトをした仕分けセンターは一ヶ所だけですが、世間一般で評判が悪いことを考えると、恐らく他の場所でも似たような対応だったことでしょう。
マシなところも無いではないでしょうが。

まあ正直この経験をしたことで、この業者の利用は出来るだけ控えるようになりました。


女性に人気!ものづくり業界のお仕事探し【工場ワークス】
単発バイト探しショットワークス

今思い出しての仕分けバイトの感想

ここまで2012年のブログ記事でした。

記事内のマルチ商法業者はですね、パリピが盛り上がったときに口にする掛け声的なものにちょっぴり似た名前の会社です。

日給につられてやったバイトですが、やるんじゃなかったと1日目の帰り道で素直に思いました。
確か3回入る契約をしてしまっていたので、その後も嫌々出勤したんですが。

女性が担当する場所でも箱詰めの果物とかがガンガン流れてくるので体力的に相当大変です。
男性のアルバイトは多分家具とか?もっとすごい大物を処理しなければならず、社員さんぽい人から怒鳴られまくっていたのできっともっと大変だと思います。

それでも日給1万円に惹かれる人へのアドバイス。
真冬に暖房のない倉庫での作業でも、動き始めれば暑いし息切れもします。寒い時期でも冷たい飲み物を用意していくのがおすすめ。
私がバイトしたときは初日に「飲み物持ってきてないの?」と聞かれて、確かに飲み物ないと辛かったので2回目からカーゴの影にペットボトルを置いていました。
万一怒られたら謝れば良い。世の中の8割位のことは謝ればどうにでも乗り切れる。

バックアップ掘り起こし記念に、今までやったバイトとか仕事の話をこれからポツポツ書いていこうかな。
すごく変わってはいないけどあんまり一般的でもないバイトをいくつか経験しているので、面白がってもらえるかもしれません。
つまらなかったらすみません。

この記事のトラックバック用URL