キャリアから格安SIMに脱出した時の話1【節約大作戦】

キャリアから格安SIMに脱出した時の話1【節約大作戦】

どうやらauの料金が高くなってることに気付く

1年半以上前かな。
なんとなく凄く節約への意欲が盛り上がりまして、大幅に出費を減らすことができないかあれこれ考えたことがありました。
それで考え至ったのが格安SIMの契約です。

当時auでiPhoneを使っていたんですが、

分割払い中9000円台

分割払い終了後6000円台?

しばらくしたらまた9000円台

という感じでなんでかよくわからない内に料金が上がったのです。
なんだかauの料金プランが大幅に変わったらしく、知らないうちに料金が嵩む契約になっていました。
(気付いたときにいろいろ調べて原因を確かめたんですが、ちょっと今はもう詳細覚えてません。すみません)

使用の仕方に較べて明らかに払いすぎだよなあと思って、なんとか安くできないか、まずauに電話して安いプランに変えました。
確か通信料月10GB上限のプランだったのを一番低いのに変更したんです。
自宅はWi-Fiだし外でもメールやLINEくらいしかしてなかったので実際の使用は月1G超えないことも多く、auのカスタマーの人に勧められました。

それでいくらになったんだっけ……忘れましたが、それでもまだ高いと思えて、もっと安くする方法はないのか調べました。
それで格安SIMについて知ったわけです。

 

auのiPhoneが格安SIM契約の障害に

それまでも格安SIMという言葉自体は見聞きしていたんですが、どういうものなのかはよくわかっていなかったんですよね。
携帯料金の節約について検索しまくったら「格安SIMがおすすめ」ということを書いている人が大勢いて、なるほど格安SIMというのは携帯料金が節約できるものなのかと、そこでようやく認識しました。

ところが格安SIMの契約について具体的に調べてみると、私が元々使っているauのiPhoneでは、SIMロック解除してSIMを差し替えても回線を使えない会社がほとんど。
(当時は使えないところがほとんどでした。現在はau端末でも使える会社が増えたようですね)

調べた中で唯一mineoというところではau端末も動作確認が取れていたのですが、私が使用していたのがiPhone5で当時でもすでにやや古い機種だったためいろいろ不安があり、何度も申込画面を開いては悩んで閉じるというのを繰り返していました。

 

救世主iPhoneSE現る

もうあれこれ考えるのが面倒になっていたところ、ちょうどそのタイミングでiPhoneSEが発売。
auのiPhoneだからこそ格安SIMの契約先にも制限がある、もういっそSIMフリーにすればどこでも一番都合に合うところと契約できるじゃないか!と、吹っ切ることができまして、AppleStoreでSIMフリーのiPhoneSEを購入することにしたのです。
※付け加えておくと私は4インチ信者です。

「iPhoneにこだわらないで格安SIMの会社で格安スマホも購入する選択の方が楽だったかなあ」とは思うんですが、私の場合は母艦もMacBookProなので、なんだかiPhoneから離れるといろいろ面倒くさそうでできませんでした。

OCNモバイルONEを少しでも安く使う方法を教えてもらう

auから自由になった私が選んだ格安SIMとその契約は下記の通り。

OCNモバイルONE データ通信専用SIM
月/3GB 月額1100円(税抜)

なぜOCNを選んだかというと、自宅ネットのプロバイダがOCNだったからです。
OCN光のサービスとOCNモバイルONEを両方利用していると、200円の割引が適用されるんだそうです。
更に契約初月は月額無料というのも響きました。

契約申し込みのときにカスタマーの人に勧められた手なのですが、使わなかった分の通信料を翌月(日単位のプランだと翌日)に繰り越せるので(どこでもそうかも)、

無料の初月だけ10GBプランを契約
 ↓
料金がかかるようになる前に3GBプランに変更
(サービスのマイページから簡単に変更可能)
 ↓
翌月は繰越分だけたっぷり使って翌々月に3GBまるごと繰り越す
 ↓
その後もずっと繰越を繰り返して余裕の通信

というのをやりました。
おかげさまで低額プランにも関わらず、外でも平気で動画チェックしまくれました。
※一応書いておきますと、あくまで前月分を翌月に繰り越せるだけなので、繰越分も使いきれず余ったとしても、翌月に繰り越せるのはまるごと残った前月分の3GBだけです。

キャリア脱出、更新月に阻まれる

そしてお気付きでしょうか。ちょっと戻ってもう一度契約内容を見て下さい。
そうです、データ通信専用SIMを契約しているんです。
通話できない、iPhoneSEをネット専用機にしてしまうSIMカードです。
なぜかというと、この時点でauの契約更新月がとっくに過ぎていたから。

「auから自由になった」なんて書きましたが嘘でした。まだ足首あたり掴まれていました。
節約目的なのに解約金を払うのが嫌で、約1年半、auで通話のみの月額1000円くらい(オプション付の合計料金)の契約を残していました。

1年半上記のau料金を払い続けると解約金の金額を超えるんですが、解約金を払って即OCNモバイルONEにした場合、
・解約金
・OCNモバイルONEを音声対応SIMの料金(3GBプランでもデータ通信専用より700円高い)

以上を払うことになります。
更にOCNモバイルONEは無料通話分が無いので、解約金を払わず次の更新月を待った方がかなり安く済むと考えました。

あれから1年半……キャリア脱出の仕上げをスタート

そんなわけで、ちょうど私が格安SIM運用を始めた頃にスマホデビューした両親から高齢者向けのガラケーを譲り受け、データ通信専用のiPhoneと通話専用のau2台持ちの生活を今年の10月末までしていました。

とうとうこの10月末にめでたくキャリアから完全脱出を完了!したんですが、このauからの完全移行でもちょっといろいろ手間取ったので、また次の記事で記録しておきたいと思います。

多分誰かの役に立つはず。

この記事のトラックバック用URL