顔写真入りの身分証が欲しいから個人番号カードの交付申請をした。

顔写真入りの身分証が欲しいから個人番号カードの交付申請をした。

社会生活を邪魔する身分証明書
免許もパスポートも持っていないために不便を強いられてきた私ですが、この度個人番号カードの交付申請を行いました。

交付申請に必要な申請ID(通知カード送付時に一緒に送られてきていた交付申請書に記載されていた)を破棄しちゃっていたため、まずは交付申請書の再発行をお願いしなきゃいけないんですが、これが上記の記事でも書いてあるとおり、顔写真入りの身分証明書がない場合は保険証以外に住民票の写しを提出して身分を証明しないと再発行の申請ができないらしい。

あーめんどくさい。

でも地球上を更地にして文明を作り直すことが出来ないなら、なんとかして個人番号カードを発行しなければ私の人生不便なまま。
だから今日交付申請書の再発行に行ってきましたよ。

住民票の写しを取るためには保険証+年金手帳を身分証として見せなきゃいけないので、

マイナンバー通知カード
保険証
年金手帳

これらを用意して窓口に乗り込みました。

窓口で「まず住民票を取得してから個人番号カードの交付申請書の再発行を申請したい」と伝えたところ、なんかややこしく聞こえたのか話が通じるまでちょっと手間取ったんですが、どうにかやりたいことが伝わった模様。

そして「別にお金を掛けて住民票を取得しなくてもどうにでもなる」的なことを言われました。

保険証だけ確認して、あとは本人にしかわからない質問(恐らく住民票に記載してある内容からだと思う)をして、回答できれば本人確認できたということにできるんだそうです。
なんだ結構対応に柔軟性あるじゃない……。

最初「前住所なんかを答えられれば」的なことを言われて自信なさげな態度を見せた私に気を遣ってくれたのか、いざ実際の質問では本籍地を尋ねられました。
でも待っている間に前住所も思い出せたので、せっかくなのでそちらも伝えて答え合わせをしてもらい交付申請書の再発行成功。

本人確認のあと少し待ちましたが、結構簡単に再発行できました。

いきなりシンプルに住民票の取得をしなくて良かった。
話がややこしくなったけど、始めから最終目的を伝えたのが余計な手間と出費を省けた勝因ですね。

申請書を手に自宅に帰って、早速交付申請を実行。
個人番号カードの交付申請は郵送やオンラインなどいろいろ手段があるんですが、私はPCから申請しました。

顔写真は自宅で自力撮影です。
交付申請に関わる作業の中でこれが一番面倒くさかった。

影がなるべく出来ないようにライトを移動させたり、本を重ねてカメラの高さを調整したり。
使える写真が撮れるまで何度も撮影を繰り返しました。
ライトを工夫しても室内撮影はどうしても暗くなってしまうので、Photoshopで明るさ修正、なるべく背景を真っ白にして、申請に使えるレベルに加工。

帰宅してすぐ撮影したせいか写真に写った顔がやたら赤く(今日は外が冷え込んだ)、本人確認のときに支障あるんじゃないか?と心配になり、顔色が普通に見えるように頑張って調整しました。

でも画像加工ソフトで編集した写真は申請を却下されることがあるらしいです。
私がやった程度の加工だとどうなんだろうか?
明らかに目が大きいとか鼻のハイライトが欧米人レベルとか、輪郭が少女漫画みたいとか、そこまででなければ大丈夫なんだろうか。
ちょっと心配です。却下されませんように。

個人番号カード申請から発行までは1ヶ月程度はかかるそうです。
便利な身分証明書が手に入るのはまだちょっと先。

発行されるまでの間に身分証が必要なことが起きませんように!

この記事のトラックバック用URL