猫を動物病院に連れて行くタイミング

猫を動物病院に連れて行くタイミング

猫を飼い始めたころ、
「鼻が詰まっているような呼吸音がするな」
「喉のゴロゴロ音が大きい気がする」
「毛玉をちっとも吐かない」
「勢いよくフードを食べたと思ったらすぐ吐いた」

などなど、気になることがたくさんあるのに普通のことなのかそうでないのか判断できず、いろいろな猫ブログや解説サイトを調べ回ったり、猫を飼っている知り合いから話を聞いたりしました。

そうして調べる内に知ったのが、「猫は結構しょっちゅう吐く」らしいということ。
どうやら「一度吐いたからといって慌てて病院に連れて行かなくても良い」というのが一般的な認識のようでした。

でもこの一度って、どのくらいの期間で考えての「一度」なんだろうか?
うちの猫は飼い始めて数ヶ月は全く吐かなかったのですが(毛玉も吐きませんでした)、ときどき吐くようになってからは、この点で悩むようになりました。

ある日に一度吐いた。
翌週また吐いたけど、食欲は落ちてないしトイレもちゃんとしてるし、遊び回って元気そうだし。
先週の一度の嘔吐と今週の一度の嘔吐は「心配ないタイプ」の嘔吐なんだろうか?

おかしいかもしれませんが、そんな風に病院に行くべきか様子を見るべきか判断に困るようになったのです。
当時は「正常なのに動物病院に連れて行ったら迷惑だろう」と考えていました。

週に0〜3回のペースで吐くけど食欲全開の猫。
病院に連れて行くのを躊躇するうちワクチンの接種時期が近づいたので、ワクチンを打ちに行くついでに嘔吐のことを相談することにしましたが、接種しに連れて行く頃には嘔吐がどうやら治まってしまいました。

でも嘔吐が治まったとはいえこの対応が正しかったのかどうかはわからず。
吐いた原因が猫の習性によるものなのか体調が悪かったのか本当のところが知りたいし、また同じようなペースで吐いたときに悩んで躊躇して、というのを繰り返すのは精神的にしんどい!

なので結局ワクチン接種に行ったときに、少し前まで吐いていたこと、病院に連れて行って良いものなのかわからず迷っている内に収まったことを先生に話してアドバイスを求めました。

先生の回答は次の通りです。
「ネット上の『大丈夫』という情報は病院に連れて行かなくて済む理由を作るためのもの」
「猫を飼っている人でもちゃんとわかっていて(調べた上で)書いているとは限らない」
「診察しないと問題ないかどうかはわからないんだから、『正常かもしれないのに病院に連れて来て良いのか』という気遣いは無用」

(診察自体は確か血液検査の上、治まったのなら大丈夫だろうけど一応整腸剤を出す、というものでした。ワクチンはこの時は後日接種になったんだっけかな?ちょっと思い出せません)

一番上はちょっとショックな見解でしたが、確かにそう考えられますよね。
三番目はマヌケと思われるかもしれませんが、言われるまで頭に浮かばなかった理屈でした。

こう先生に言っていただいたお陰で、私は病院に連れて行くタイミングにあまり迷わなくなったのです。

ただやっぱり一週間に一度二度吐いて、すぐさま病院に、という判断は今でもできないのですが。
うちの猫は勢いよく食べて食後に吐くというのを結構しょっちゅうやるので。

ただ「様子を見る」というのも半月ぐらいという基準を現在は持っています。
(あくまでうちの猫の場合はそれで対応できるかな〜と考えているということです)

この記事のトラックバック用URL