今までにあげたキャットフードのこと【フードの種類と体調の関係が気になる編】

今までにあげたキャットフードのこと【フードの種類と体調の関係が気になる編】

今までにあげたキャットフードのこと【2歳くらい〜5歳半過ぎ編】の続きになります。
このシリーズの記事は今回でひとまず締めです。

※フードの影響については、あくまでうちの猫の場合の私の推測です。他の猫さんに同じような影響が現れるのかはわかりません。その点をご留意のうえお読み下さい。

検査結果が落ち着かないのでさらなるフード対策

薬を飲ませて療法食を続けてもなかなか尿検査や血液検査の数値が落ち着かないので、フードをさらに療法食(ドクターズケア療法食 キドニーケアチキンテイスト)中心に切り替えました。
具体的にはこうです。

今までウエットフードやフリーズドライ・ササミを療法食を食べさせる呼び水としていたのを止める。
代わりに市販ドライフードのお気に入りを混ぜて食べさせる。

療法食に混ぜる市販ドライフードはphコントロールビューティープロ 猫下部尿路の健康維持 1歳から フィッシュ味です。
呼び水ブレンド候補としてphコントロールのフードをいろいろ買って試してみようと思っていたのですが、最初に試したビューティープロシーバ (Sheba)並の食いつきの良さを見せたので、ブレンドフードとして固定しました。

血液検査のCreの数値が改善した!

1ヶ月くらいだったかな?療法食とビューティープロのブレンドのみをあげ続けました。

するとその後の検査でCreの数値が改善!
正常の上限値を超えていたのが、正常値まで下がりました。
もう本当に嬉しくてホッとしました。
(この時点では尿のPH値、潜血とバイキンはまだ良くなっていなかったのですが、このあと抗生物質を飲み続けてほぼ正常になりました)

ねぎらいのつもりが落とし穴

好きなおやつもろくに食べられず、好物を混ぜているとはいえちっとも好きじゃない療法食を頑張って食べ続け、さらに無理矢理口に薬も放り込まれる毎日をずっと我慢してきたうちの猫。

「よく頑張ったね、辛かったね」というねぎらいのつもりで、「Creの数値も正常値に戻ったことだし少し好きなものを食べさせてあげよう」と、断っていたウエットフードをときどきあげるようになりました。

これが恐らくまずかった……。

しばらくは特に異常がなかったんですが、10日ほどして吐くようになりました。
(療法食&ビューティープロのブレンドフードの間は、確か吐いていなかったと思います)

3回ほど吐いた後、これはウエットフード、というかモン◯チ(内容的に配慮して伏せ字)を食べたときに限って吐いているということに気付き、モン◯チをあげるのを止めました(他のウエットフードもちょうど切れたので、念のためそのまま追加購入せず)。
次に病院で血液検査をする1週間くらい前が、モン◯チをあげた最後だったと思います。

吐くだけじゃなかった?血液検査の結果が……。

頻繁に吐く原因はもうほぼモン◯チで間違いないと思いました。

私はなんとなく「猫(動物)は身体に悪いものを本能で嗅ぎ分けられるもの」と思っていたので、吐いてしまうのに大喜びでガツガツ食べていたことを不思議に感じました。
長い間気付かなかった私が悪いのは間違いないんですが、猫自身自分で気付けなかったものだろうか、態度に出してくれれば……と、どうしても考えてしまいます。
スナック菓子やジャンクフードなど、身体に悪いものほど美味しく感じる人間と同じようなものなのでしょうかね……。

さて頻繁に吐いていた原因がどうやらわかったというところで、また血液検査の機会がやってきました(月に1回検査を受けています)。

すると前回正常値に戻ったCreが、再び上限を超えてしまっているではありませんか。
エエエなんで……と凹みながら思い当たりました。
前回数値が改善したときとのフードの違いに。

もしやこっちの原因もアレなのか!?

次回血液検査の結果やいかに

この検査の後はまだ病院に行っていません。
フードは現在下記の2パターン。

療法食(ドクターズケア)とビューティープロのブレンド。
療法食にフリーズドライ・ササミを少量ふりかける。

療法食を食べる割合を増やそうと考えてこのようにしました。
先生にも相談の上です。

これで数値が再び改善されていたら、腎臓の病気も同じフードからの影響の可能性ありということになるかと思います。

次回検査は今月半ば過ぎ。どうなるんでしょうか。
良くなっていて欲しい……。

この記事のトラックバック用URL